ウォッチちゃんねる

腕時計や置き時計など時計全般についてまとめている時計の2ちゃんまとめです。

腕時計や懐中時計など時計全般についてまとめている2ちゃんまとめです。

アップルウォッチ

アップルウオッチ、発売開始した週に比べて販売本数が9割減

cb4a0977bd8f5baaf17b43ff70df1d59


1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/07/09(木) 14:15:50.30
http://jp.wsj.com/articles/SB10608521192908353573604581095164291595884

 米アップルの腕時計型端末「アップルウオッチ」の販売本数は、発売を開始した週に比べて9割減少している。
調査会社スライス・インテリジェンスがまとめたリポートで明らかになった。

 スライスによると、4月の発売直後には注文が殺到したが、それ以降は米国内販売が1日当たり2万本を割り込んでおり、
1万本に届かない日もある。
 スライスの推計によれば、アップルがウオッチの予約受け付けを開始した4月10日の週には約150万本分、
つまり1日当たり約20万本分の注文があった。...

続きを読む

アップルウォッチよりクール?80年代風のカシオ計算機腕時計 米アマゾンでも高評価

1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/07/05(日) 11:24:13.44
http://newsphere.jp/business/20150703-4/ 
casio_watch

米アップルが今春発売した「アップルウォッチ」は、早くもスマートウォッチという新分野を切り開いている。
ライバルのGoogleもスマートウォッチ向けOS「Andorid Wear」を開発、各社が次々とこれを搭載した時計を発売している。
そのなかで、日本の時計メーカー、カシオもスマートウォッチ市場に参入しようとしている、
とウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)が報じている。「腕時計でもあるスマート端末というより
スマートを目指す腕時計」になるといい、時計メーカーとしてのノウハウを注ぎ込んでライバルとの差別化を目指す。

 一方で、スマートウォッチに懐疑的な層の間では、同じカシオ製のクラシックな「電卓つき腕時計」
がリバイバル・ブームになっているようだ。米テック系サイト『Re/code』が、米Amazonのレビューの高評価を伝えている。
 WSJによれば、カシオが開発中のスマートウォッチは、「腕時計メーカーとしてのノウハウを活用し、
使いやすさと耐久性を求める大衆市場の需要を見据えた」ものだという。同社では先週、創業メンバーの樫尾4兄弟の一人、
樫尾和雄氏が会長に退き、長男の和宏氏が社長に昇格した。カシオのスマートウォッチは、新社長肝いりの社運を賭けた商品となる。

 同社ではこれまでも、スケジュール管理や心拍数モニター、通信機能などのついた腕時計を開発してきた。
しかし、それらが商業的成功を収めたとは言いがたい。和宏氏はWSJに対し、
「過去でいうと、奇をてらって出して売れないとやめるという繰り返しの部分も正直あったと思う」と告白。
その上で、現在は「時計としての完成度をきっちりと、壊れにくい、はめやすい、
使いやすい装着感の中でスマートウォッチを実現していきたいと思っている」と語った。

 和宏氏がWSJに明かしたところによると、カシオのスマートウォッチは、アップルウォッチの売れ筋価格帯の
5万円程度に近いものになりそうだ。ターゲットは男性で、機能と外観の両面でアウトドアスポーツ
やレジャー向けを想定しているという。来年3月末までに日米で発売する計画だ。WSJは、これらの情報を踏まえたうえで、
「アップルが独占するスマートウォッチ市場には新規参入者が相次いでおり、カシオは厳しい競争にさらされる見通しだ」とまとめている。

 一方、『Re/Code』が注目するのは、“80年代スタイル”のカシオの電卓付き腕時計だ。
同メディアの記者が時計マニアの友人の誕生日プレゼントのために米Amazonで「カシオ計算機腕時計(Casio calculator watch)」
と検索すると、何10種類もヒットしたという。ほとんどが15ドルから20ドルの価格帯で、
筆者は『Casio CA53W calculator watch』という、80年代のSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の主人公、
マーティーがつけていたモデルの後継機種を選んだ。
 筆者が驚いたのは、「アップルウォッチに対して、ほとんどがポジティブなレビューで
埋め尽くされていた」ことだ。そのいくつかが紹介されている。
・夫はアップルウォッチを欲しがっている。でも、私はバカバカしくて高すぎると思う。
アップルウォッチとこれは同じだと夫にプレゼントした。驚いたことに彼はとてもこの時計を気に入った。
・アップルウォッチより良い!この時計には4つのキラーアプリが備わっている。時刻、アラーム、ストップウォッチと計算機だ。
・アップルウォッチよりもクールだ。実際、何人かに「それはアップルウォッチか」と聞かれた
私は「違う。これは80年代の計算機時計だ」と答えた。すると彼らは言った。「もっとクールじゃないか!」

 一方、不満点に挙げられているのは「バックライトがないこと」「防水(Waterproof)ではなく、
耐水(Water-resistant)であること」だという。それを置いても、ネタ混じりの側面があるとはいえ、
「コイン電池一つで2年間動き続ける『Made in USA』のこの時計に勝るものはないだろう」と、筆者は書いている。

 カシオの『CA53W』だが、日本のAmazonでも海外モデルと銘打って逆輸入品が2980円で売られている。
こちらの総合評価も5点中4.5点(7月3日時点、31件)と高い。5点をつけているレビュアーの一人は、
「今までは電卓を探しまわったり、スマホやタブレットのアプリをワザワザ開いたり・・・と、ちょっと不便を感じていました」と、
すぐに電卓にアクセスできる本製品を推し、「私もCASIOさんに負けないような世界に誇れる作品を作りたいと思います!」
と絶賛している。このレビュアーは、もし生産中止になるようなら「10本くらい買いだめします」とも書いている。

続きを読む

Apple Watch、懐中時計に有名デザイナーがDIY!!!

150624applewatchdiy1

携帯電話やスマートフォンの普及で、腕に時計をはめなくなった人は少なくないはず。でも、Apple Watchなどのスマートウォッチによって、再び腕時計から離れられないライフスタイルへと逆戻りせざるを得ないのでしょうか……。

そんなジレンマを打破する画期的なDIYが、有名デザイナーのTom Ford氏の手で実現しましたよ。グッチやイヴ・サンローランのクリエイティブデザイナーとして活躍し、いまや自身の冠ブランドも好調なTom Ford。もしやApple Watchのスペシャルデザインが、Tom Fordブランドから飛び出してきたりもするのでしょうか!

 150624applewatchdiy2

 先週よりTom Ford氏が公の場で身につけているなどとリークされ、話題になったのは、みごとにスチームパンク懐中時計へと生まれ変わったApple Watch。各種リストバンドに取り替えて自分らしさを演出できるApple Watchではありますが、基本的に腕にはめて使うスタイルしかサポートされていませんよね。ところが、きれいに腕時計パーツを取り去り、上部には本体デザインとマッチするメタルホールをDIY装着。アンティークなチェーンをつけて懐中時計スタイルで使えるようになりましたよ。

アップルとしては、さまざまなセンサーによるユーザーのヘルストラッキング機能が使えないので、きっと公式にサポートすることはできないでしょう。ただ、Apple Payを使うときなど、腕を伸ばす代わりに、ポケットからスマートにチェーンを引き出してくるだけで決済完了となるのはよいかも~。

なお、Tom FordからDIYの詳細をめぐる情報は一切リリースされていないものの、これからスチームパンク懐中時計にApple Watchを生まれ変わらせるプロジェクトについて、さらなる発表があるのではないかとの期待も高まっているようです。レトロな文字盤のウォッチフェイスまで用意して、渋いスーツといっしょに着こなしてみたいものですよね。

Apple Watch、懐中時計に有名デザイナーがDIYしました… : ギズモード・ジャパン




続きを読む

Apple Watchをカッコいい腕時計にするケース オリエント時計元チーフが制作!!!

000_480x

もしかしたらApple Watchは完成形じゃなく、日本の腕時計職人がかかわることで完成に近づくのかもしれない。

 MSソリューションズ、ファクタスデザイン共同制作の『CorVin』(コービン)は、ベルトと組み合わせたApple Watch専用ケース。チタン/本ワニ革、ステンレススチール/カーフ(子牛)レザー、ステンレススチール/スムースカーフレザーの3種類。

 価格は未定。MSソリューションズによると、発売時期は「8月末に出せたら」。
001_480x

003_480x
 
構造としてはApple Watchのベルトをはずしてケースにはめる形。CorVinのベルトはケースからバネ棒でとりはずしできるようになっていて、自由につけかえられる。

 ファクタスデザイン鉢呂文秀代表は、国産機械式時計の名機とうたわれる『オリエントスター』オリエント時計の元チーフデザイナー。腕時計の伝統的なデザインをApple Watchのためのケースに応用しているそうだ。

 たとえばステンレススチール/スムースカーフレザーの組み合わせは、腕時計のスタンダードデザインである角型レクタンギュラー。ケースに金属アレルギーの少ないとされる316Lスチールを使うなど素材にもこだわりがある。
005_480x

 考えてみればApple Watchはベルトを交換できるのが売り、腕時計のデザインとしてこだわりを発揮できるケースやベルトは利用者のカスタマイズ次第ってこと。日本製のディテールはアップルにとって案外足りなかったピースだったのかも。

 ちょっとApple Watchが欲しくなったのが正直な感想。ただ、心配なのはこれから進化版の『Apple Watch 2』が出たとき、ディスプレイサイズや端子形状が変わってケースが「いい思い出」にならないかってことなんだけどね……。
Apple Watchをカッコいい腕時計にするケース オリエント時計元チーフが制作 CorVin - 週刊アスキー
続きを読む

Apple Watch、スイスの時計業界に2,300億円の打撃を与える

1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/06/22(月) 14:16:38.16
http://iphone-mania.jp/news-75499/

4月にアメリカや日本などで発売されたApple Watchは、早くもスイスの時計産業に打撃を与えているようです。
Apple Watchがスイスの時計業界に与えた打撃は約2,300億円
スイス時計産業連盟の発表によると、Apple Watchの発売後の5月、スイスの時計輸出額は8.9%、
17億円スイスフラン(約2,270億円)もの減少に見舞われました。
これは2009年11月以来、最大の下落であり、特に香港向けの輸出が34%と大きく落ち込んだのが影響している模様です。

ジョナサン・アイブ氏の予言が的中
Apple Watchの発売前、Appleのデザイン担当上級副社長であるジョナサン・アイブ氏は、
Apple Watchの発売がスイスの時計産業に大きな影響を与えるだろうと語っていましたが、その言葉が早くも現実となったようです。
スイスの人気時計ブランドも、スマートウオッチに参入して対抗する姿勢を見せていますが、今後の先行きは不透明です。
6月26日には、スイスでもApple Watchが発売予定であり、スイスの時計産業には厳しい時期が続きそうです
image9-e1434891186871 

続きを読む
スポンサードリンク
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
おすすめAmazon
スポンサードリンク
メッセージ

名前
本文
アクセスランキング