シチズン


創業年:1930年
創業者:中島与三郎
創業地:日本(東京)


銀座で貴金属商を営んでいた山崎亀吉氏が、日本で国産の時計を作ることを決意し、シチズンの前身である尚工舎時計研究所を1918年に創立。そこで作成された懐中時計第一号「CITIZEN」が社名の由来です。

(画像)尚工舎時計研究所
01 (1)
by:
シチズンの軌跡 [CITIZEN-シチズン腕時計]


1930年、尚工舎時計研究所を母体として「シチズン時計株式会社」が設立。初代社長に中島与三郎氏が就任しました。「CITIZEN」には「永く広く市民に愛されるように」という思いが込められています。


1956年に国産初の耐震装置を搭載した「パラショック」を発売。
その性能を証明するため地上30m上空のヘリコプターから「パラショック」を投下する実験を行いました。その結果、投下された腕時計は故障せずに作動していました。この実験により、シチズンの技術力の高さが証明されました。


(画像)パラショック

011-1
by:パラショック:歴代モデル:シチズンのキセキ [CITIZEN-シチズン腕時計]



1976年には世界初のアナログ式太陽電池時計『クリストロン ソーラーセル』発売。

(画像)クリストロン ソーラーセル
072-1
by:クリストロン ソーラーセル:歴代モデル:シチズンのキセキ [CITIZEN-シチズン腕時計]



1993年には世界初の多極受信型・アナログ多針式タイプ電波時計、さらに2011年には世界で初めて、人工衛星から時刻情報を受信する光発電時計「エコ・ドライブ サテライト ウエーブ」発売するなど、光発電や電波受信の分野でも積極的な開発を行っています。

画像)エコ・ドライブ サテライト ウエーブ
110324_sate_01
by:バーゼルワールド2011発表モデルシチズン 『エコ・ドライブ サテライト ウエーブ』



また、2016年には薄さ1.00mmのムーブメントを搭載した、世界最薄エコ・ドライブウオッチ「エコ・ドライブ ワン」発売。ケース厚2.98mmの世界最薄のアナログ式光発電時計を発売しました。

(画像)エコ・ドライブ ワン
160317_01
by:薄さ1.00mmのムーブメントを搭載した世界最薄のエコ・ドライブウオッチ 「Eco-Drive One(エコ・ドライブ ワン)」|シチズン時計株式会社



2017年6月には、複雑機構トゥールビヨンを搭載した機械式腕時計「シチズン トゥールビヨン Y01」を発売。

(画像)シチズン トゥールビヨン Y01

170529_citizen_001
by:https://www.wwdjapan.com/420990


このように創業以来さまざまな新技術を開発するなど優れた技術を有している、世界的に名を知られる国産メーカーです。


関連記事